過払いの発生原因とその返還請求について その1

過払いとは、利息制限法の定める上限利率を超える高利で借金をした借主が、本来なら借入金の返済は終わっているのに返済を続けたために払いすぎとなっている状態のことです。過払い分は、払う必要のないものなので、その返還請求を起こすことによって払いすぎたお金が戻ってきます。具体的にどの程度過払いが発生するか計算してみましょう。百万円を28パーセントの利率で借りてその利息のみを返済した場合では、何年経っても元金は減らないのですが、利息制限法では百万円の借金の上限利率は15%なので、6年目には完済していることになります。ここからの支払いは過払いということになり、10年間返済を続けた場合には130万円以上の払いすぎが発生することになります。また業者に過払いの返還請求を行う場合、払いすぎた分に5パーセントの利息をつけた額を請求できるので、戻ってくるお金は150万円近くになります。

シャネル バッグ 通販

イギリスと言えば留学ですね

太陽光発電 費用 格安